画像はサムネイル画像デス。クリックすると拡大されます
    「開聞岳登山&知覧武家屋敷巡り」
協会学生部&留学生学友会による《春天1日バスツアー》

               想い出写真集

           平成19年度5月20日
 祁立標EJUN《天空に立つ峯・開聞岳》作品集
2007・5・20
春天1日バス旅行(開聞岳登山〜知覧武家屋敷巡り)
2007/05/24

5月20日(日)快晴。
朝:鹿児島大学図書館前を出発。am7:35(予定より35分遅れ)
 中国人留学生37名、日本人学生9名、協会世話人5名、合計51名で1台の小型面包車と50名乗り大型バスで開聞山麓をめざしました。

 今回は人気コースだったのか計画発表と同時に参加者が殺到?し、この前の時のように、国際大学への呼びかけが出来なかった。

全体を仕切ったのは鹿児島市日中友好協会学生部と鹿児島大学中国留学生学友会(会長:宿金語)である。

 開聞岳は登り時間2時間30分、下り2時間といわれ、思いのほか(高さの割りに時間がかかる)タフな山と言われている。学生達の服装は軽装でとても登山スタイルとはいえないが、若さにまかせて皆すいすいと駆け上がっていく。

 子供をまじえ10名程が途中で断念したが37名?程が山頂に立ち、ブルースカイに包まれた360度の大パノラマを満喫したことだろう。
 生憎、少しもやがかっていたが、遥か彼方に屋久島・宮之浦岳を望むことが出来た。「中国大陸看不見!」と岩の上で誰かが叫んだ(様な気がした。)

 最初の計画では下山後、長崎鼻に行き弁当を食べるつもりでしたが時間が無くなったので武家屋敷に向かった。

 午後6時楽しい思い出を載せたバスは出発地の大学図書館前に無事、戻って来ました。(大家、辛苦了!!)