鹿児島で世界を語ろう
第16回外国人による日本語スピーチコンテスト

2011年1月15日(土)第16回・外国人による日本語スピーチコンテスト」が鹿児島市の「かごしま県民交流センター2階中ホール」に於いて開催された。

 今回は6カ国から19名の県内在住の外国人の方が予選に出場されその中から10名の方が本選に進まれました。

 国別では中国が5名、韓国が2名、あとはネパール、インドネシア、マレーシアがそれぞれ1名でした。

 栄えの最優秀賞は中国から来られたジョ タットロン(志学館大学)で演題は「小指は彼女?」。 

  審査員特別賞としてインドネシア人のシンチエ ナタリナ モコアゴウさんが受賞しました。テーマは「喋ったらばれる!」

 優秀賞の三名は以下の方でした。
 シャキア スワルマニ(ネパール)大口明光学院高等学校 テーマは「待つことの美しさ」
 ワン アハマド ナザルディン(マレーシア)日置市国際交流員 テーマは「世界一の想いやり」
 ホスジ(韓国) 志学館大学 テーマは「パッピンスと白熊」

 当日の模様をYouTubeでご覧ください。

http://www.youtube.com/kjoishi#play/uploads

各入賞者の講演内容や写真は別枠(左フレーム)のスピーチコンテストのサイトからご覧いただけますが、今少しUPまでに時間がかかります。
 下の写真のインタビューは最優秀賞のジョさんで

す。

祁さんの作品をご覧ください。
  http://www.ejun.net/read.php?tid=292

最優秀賞

ジョ タットロン
「タイトル:小指は彼女?」(志學館大学・中国)

優秀賞

シャキヤ スワルニマ
「タイトル:「待つ」ことの美しさ」(大口明光学園高等学校・ネパール)
ワン アハマド ナザルディン ビン ワン アジサン
「タイトル:世界一のおもいやり」(日置市国際交流員・マレーシア)
ホ スジ
「タイトル:パッピンスと白熊」(志學館大学・韓国)

審査員特別賞

シンチエ ナタリナ モコアゴウー
「タイトル:喋ったら,ばれる!」 (パートタイム・インドネシア)

奨励賞

ト ギョウメイ
「タイトル:美味しい留学生活」(鹿児島県立短期大学・中国)
シンチエ ナタリナ モコアゴウー
「タイトル:喋ったら,ばれる!」(パートタイム・インドネシア)
キョウ セイキ
「タイトル:自分へのチャレンジ」(鹿児島大学・中国)
キム ホサン
「タイトル:愛のある星」(志學館大学・韓国)
ショウ ショウヘイ
「タイトル:私の20歳」(九州日本語学校・中国)
キ ウン
「タイトル:もし」(鹿児島県立短期大学・中国)